イルカファンタジー「ドルフェリア」

2006.08.21

動物とかのブログ


新江ノ島水族館に行ってきました。
以前からこの水族館のイルカショーはすごく感動的だったのですが、
なかでもファンタジーな雰囲気のドルフェリアはお気に入り。
そんなドルフェリアが8月末で終わってしまうというので、
また観ておこうと足を運んだのでした。

とりあえずひととおり館内を見て回ると、
キラキラ輝くカブトクラゲが!すごい綺麗です!
二枚貝のフレームスキャロップは
イナズマのような青い光が走る不思議な生きもの。
十数年前に育てていたことがあるのですが、
久しぶりの閃光に懐かしく見入っていました。

そんなこんなで開演30分前。
ステージに行くとすでに8割の席が埋まっていました。
空いている後列に座を決め落ち着きます。
そこへとつぜんアナウンスが。
「前四列はずぶぬれです」(本当はもっと丁寧な言い方でした)
その直後、出番を待ちきれない(?)一頭のイルカが乱入!
豪快なジャンプで前四列が水びたしに。
あぁポップコーンも水びたしに……。
お客さん達、笑いながら後ろの席に移動していきます。

開演まであと少し。
ステージからは海が見えました。
カモメがすぐそばを通り過ぎていきます。
午後の日差しがイルカのプールにあたり、水面を輝かせています。
その光景のなんと美しいこと。しばし感傷的な気分に浸っていました。

そしてついにはじまりました。
妖精アクアンとイルカのコラボレーション「ドルフェリア」

なんと幻想的なこと。
素晴らしい歌、素晴らしいストーリー、素晴らしい演出、
そしてイルカたちのアクロバティックなジャンプ。
クライマックスで
大好きなオキゴンドウの黒い巨体がイルカに混じって跳ね上がる様は、
もはや言葉にもなりません。
やがてステージを包む無数の光たち。
こんなすごいステージが終わってしまうなんて。

放心状態のまま館内をさまよって、
ウミガメのプールにたどりつきました。
お客さん、誰もいません。
水面に反射する夕日がまぶしくも美しい景色です。
じっと見ていたら、アオウミガメがどんどん近づいてきます。
どんどん近づいてきて、
半分くらい陸にあがってきてしまったではありませんか!
あれ!ウミガメって産卵のときしか水から出ないんじゃないんですか!?
素晴らしい思い出がまたひとつ出来ました。

本当に有意義な一日でした。イルカもウミガメもアクアンも最高です!
もちろん帰りには売店でドルフェリアのDVDをゲットしてきましたとも。

トビハゼ|ムシ|自然保護|幸運|チワワ|ドリアン||エミュー|クワガタ|ザリキング|ミトン|メダカのお話|チューリップ|シダ|サラマンドラ|ドルフェリア|エアープランツ|恐竜映像|ハルキゲニア|ハプニング|ヒトデ|口紅の木|奇妙な生き物|カエルアンコウ|ミステリーな生き物|ハルキゲニアの化石|青い飛行物体




このサイトはリンクフリーです。

わらべねこ自然画像館(warabeneko.com)に掲載されている、文章、写真、イラスト、動画は、わらべねこ自然画像館の管理人が全ての著作権を有する完全オリジナルであり、著作権者の許諾なく、一部または全部を転載あるいは転用することはできません。
© copyright 2007-2015 SHINJI HONDA OF JAPAN, LIMITED, All rights reserved


動物 > 動物とかのブログ > イルカファンタジー「ドルフェリア」