藻類|澄江生物化石群

澄江生物化石群の刺胞動物について

HOME化石一覧分類表サイトマップ

刺胞動物門

刺胞動物はクラゲ、イソギンチャク、サンゴを含む仲間です。海綿動物と同じく先カンブリア時代に出現した原始的な多細胞生物で、他の動物を捕食して生活する初期の肉食動物です。現在も沿岸から深海にいたるまで、世界中のあらゆる地域の海中に数多く生息しています。

澄江生物化石群からはイソギンチャクと思われる刺胞動物の化石が発見されていますが、クラゲやサンゴは発見されていません。なお、イソギンチャクは骨など硬い組織をもたないために化石に残りにくく、その数も限られたものとなっています。

澄江生物化石群には二種類の刺胞動物が記載されていますが、同一種ではと言われたり、そもそも刺胞動物ではないのではないかという主張もあり、今後、分類が見直される可能性もあります。

澄江生物化石群から見つかる刺胞動物門

Priscapennamarina
Xianguangia



熱帯魚飼育
動物