節足動物門|澄江生物化石群

澄江生物化石群の節足動物について

HOME化石一覧分類表サイトマップ

節足動物門

澄江生物化石群で最も数多くの種類がみつかっているのが節足動物です。現在でも地球上に生息する動物のうち4分の3は節足動物の仲間ですが、カンブリア紀から今日に至るまで、節足動物はいつの時代もたくましく繁栄していました。

澄江生物化石群からは節足動物の進化を物語る化石が数多く発見され、今では環形動物から葉足動物へ、そして節足動物へ進化したと考えられています。

なお、カンブリア紀最大の生物として有名なアノマロカリスは節足動物に近い特徴も見受けられますが、一般的には節足動物とは別の動物として扱われることが多いようです。

澄江生物化石群から見つかる節足動物門

Acanthomeridion
Almenia
Branchiocaris
Canadaspis
Chengjiangocaris
Cindarella
Clypecaris
Combinivalvula
Comptaluta
Dongshanocaris
Eoredlichia
Ercaia
Forfexicaris
Fortiforceps
Fuxianhuia
Isoxys
Jianfengia
Jiucunella
Kuamaia
Kuanyangia
Kunmingella
Leanchoilia
Lingshanella
Naraoia
Occacaris
Odaraia
Parapaleomerus
Pecotocaris
Pisinnocaris
Pseudoiulia
Pygmaclypeatus
Retifacies
Rhombicalvaria
Saperion
Sidneyia
Sinoburius
Skioldia
Squamacula
Tanglangia
Tsunyidiscus
Tsunyicella
Tuzoia
Urokodia
Waptia
Wutingaspis
Wutingella
Xandarella
Yunnanocaris
Yunnanocephalus



熱帯魚飼育
動物