古虫動物門|澄江生物化石群

澄江生物化石群の古虫動物について

HOME化石一覧分類表サイトマップ

古虫動物門(絶滅)

古虫動物門はベッツリコーラ門とも呼ばれ、進化上の重要な位置にいる動物たちのグループです。節足動物に似た構造を持つことから、古い書籍には節足動物となっていることがありますが、その後の研究により、人へと続く進化の、はるか遠い祖先であると考えられるようになってきました。

古虫動物は進化が進むにつれ、棘皮動物と半索動物(ギボシムシの仲間)に分かれ、半索動物は尾索動物(ホヤなど)や頭索動物(ナメクジウオやビカイアなど)を経て脊椎動物に進化したと考えられています。

なお、古虫動物を尾索動物門に含めるべきという主張もあり、その場合は前述の仮説そのものが書き換えられることになるでしょう。

澄江生物化石群から見つかる古虫動物門

Banffia
Didazoon
Pomatrum
Vetulicola
Xidazoon



熱帯魚飼育
動物