ハイコウエラ|澄江生物化石群

澄江生物化石群のハイコウエラについて

HOME化石一覧分類表サイトマップ

ハイコウエラ

学名  Haikouella lanceolata
分類  半索動物門

ハイコウエラ(海口虫)は澄江生物化石群からのみ知られる動物で、半索動物の一種とされていますが、より脊椎動物に近い尾索動物や頭索動物に含めるべきという研究者もいます。また、ユンナノズーンと同種であるという説もあります。

ハイコウエラはユンナノズーンより小型とされ、ほぼ完全と思われる化石によると、背びれの基点が前方にあるため、よりヒレが大きく見え、頭と思われる部分には下向きの口がついています。

ハイコウエラはユンナノズーンと共に、私たちヒトにつながる進化の途中にいる生き物と考えられています。なお、研究者によってはハイコウエラはユンナノズーンより進化した動物とされ、脊椎動物であるミロクンミンギアに近縁な動物として位置づけられることもあるようです。

この写真はハイコウエラの胸部で、ユンナノズーンやハイコウエラのほとんどの化石はこの部分だけが残っています。




熱帯魚飼育
動物