マガキガイの飼い方

マガキガイ

マガキガイの魅力

飼育について

最後に

プロフィール

動物関連リンク集

便利サイトリンク集

動物

絶滅危惧種

不思議生物マガキガイの飼育と観察

奇妙で優しいマガキガイの世界

マガキガイマガキガイの顔

マガキガイとは?

マガキガイは6センチほどの殻を持つ巻貝の仲間です。貝殻は猛毒生物であるアンボイナに似ていますが、マガキガイは無毒で、それどころか、自分より小さな動物にも危害を加えることのない、とても穏やかな生き物です。左右が対称ではない生き物で、左目は正面から突き出し、右目は横から出てきます。目のついている柄の途中からは触角が生え、口はまるでゾウの鼻みたいに長く伸びるという、見れば見るほど奇妙な姿をした生き物です。岩を登ったり水槽の壁に貼り付いたりと、とても活発で、しかもゴトッという音と共に、よくころげ落ちます。でもひっくりかえっても大丈夫。一瞬の早業で見事に起きあがるのです。この、見た目も行動も、なみ外れてユニークなマガキガイは、飼育してみると更に多くの驚きと感動を与えてくれます。時には思わず笑ってしまうような、そんな仕草もみせてくれる魅力的なマガキガイの飼育について、わかりやすく解説していきたいと思います。

【マガキガイのプロフィール】
軟体動物門 曲体亜門 腹足綱 前鰓亜綱 中腹足目 ソデボラ亜目 マガキガイ科

マガキガイ  学名  殻長  生息地
  Conomurex luhuanus  6cm  房総半島以南の暖かい海

「マガキガイの魅力」へ進む