珍しい動物の図鑑動物 > 絶滅危惧種 > コシキハネジネズミ

コシキハネジネズミ|絶滅危惧種のお話

=^・.・^= いざ知的探検へ!

地球で共に暮らす素晴らしき仲間達のひみつ - 絶滅危惧種の動物たちに思いをはせて

静かな森の妖精:コシキハネジネズミ

<コシキハネジネズミ>
童話に出てくる森の妖精のような、どこか幻想的な雰囲気を持つ不思議な小動物。2000万年前から存在する生きた化石である。ひょろっとしたカステラのような体と大きな目、長い手足、長い耳、長いシッポ、そして、その長い鼻はヒョコヒョコとせわしなく動き、食べられそうなものがないかと辺りの様子をうかがう。ハネジネズミはネズミとつくがネズミでもモグラでもウサギでもトガリネズミでもなく、ハネジネズミはハネジネズミなのである。森に棲み、落ち葉の下の小さな昆虫などをほじくって食べる。体長26センチ、体重540グラム、ケニアの一部に生息。絶滅危惧種。ハネジネズミ目ハネジネズミ科。

スマトラウサギ

【操舵室】
動物
絶滅危惧種

【資料室】
ワシントン条約
国際自然保護連合
世界野生生物基金
【休憩室】
メルマガサンプル
プロフィール

【航海図】
動物進化の物語
進化の小部屋
熱帯魚飼育