珍しい動物の図鑑動物 > 絶滅危惧種 > タイガーシベット

タイガーシベット|絶滅危惧種のお話

=^・.・^= いざ知的探検へ!

地球で共に暮らす素晴らしき仲間達のひみつ - 絶滅危惧種の動物たちに思いをはせて

深夜の道化師:タイガーシベット

<タイガーシベット>
サル風のネコのような体つきと、顔にほどこされた奇妙な模様が印象的な動物。クリーム色の毛をまとい背には太い縞模様、ひょろりとした細長い顔には川の字のような三本のタテ線、そして大きな目は顔の上から乗せられたようについている。匂いや声など多彩なコミュニケーションができるも孤独を好み、深い夜の森を一頭でさすらいながら、昆虫や川に棲むカニなどを食べて静かに暮している。ネコのように引っ込むカギ爪を持っているがネコ科ではなく、数々の個性的な珍獣たちで構成されたジャコウネコの一員。体長50センチ、体重3キロ、東南アジアに生息。ワシントン条約付属書2。食肉目ジャコウネコ科。

パナイオオコウモリ

【操舵室】
動物
絶滅危惧種

【資料室】
ワシントン条約
国際自然保護連合
世界野生生物基金
【休憩室】
メルマガサンプル
プロフィール

【航海図】
動物進化の物語
進化の小部屋
熱帯魚飼育