珍しい動物の図鑑動物 > 絶滅危惧種 > ピグミーメガネザル

ピグミーメガネザル|絶滅危惧種のお話

=^・.・^= いざ知的探検へ!

地球で共に暮らす素晴らしき仲間達のひみつ - 絶滅危惧種の動物たちに思いをはせて

濃霧に潜むフクロウ猿:ピグミーメガネザル

<ピグミーメガネザル>
インドネシアのスラウェシ島に生息する世界最小のメガネザル。大きな顔に小さな体、そして細く長い指が特徴。他のメガネザルよりも頭が大きく耳が小さい。一度は絶滅動物とされたが2000年に生息が確認された。とにかく小さな原猿類で、体長にいたっては、霊長類最小のピグミーネズミキツネザルより、さらに小さい。フクロウと同じく、あまりに目が大きすぎて動かせないため、頭を180度ほど回転させて辺りの様子を伺う。夜になると好物の昆虫を探しながら、濃い霧と厚い苔に覆われた、高山の深い森を飛び回る。体長10センチ、体重50グラム、スラウェシ島に生息。情報不足種。ワシントン条約付属書2。霊長目メガネザル科。

メルマガサンプル

【操舵室】
動物
絶滅危惧種

【資料室】
ワシントン条約
国際自然保護連合
世界野生生物基金
【休憩室】
メルマガサンプル
プロフィール

【航海図】
動物進化の物語
進化の小部屋
熱帯魚飼育