スワローキリーについて

スワローキリー

スワローキリーは南米の熱帯卵生メダカです。

スワローキリーの写真

【スワローキリーについて】

スワローキリーはスワローの名の通りスラッと伸びたツバメのような長いヒレが美しい小型の熱帯魚です。ベネズエラの小さな池などに暮らし、体色は地域によってバリエーションがありますが、光の加減でうっすらとブルーに輝きます。

ヒレの大きな熱帯魚は泳ぎが苦手なことが多く、スワローキリーも普段はおっとりと泳いでいますが、いざとなれば瞬間移動かと思うほどのスピードで泳ぎまわります。

スワローキリーは見た目だけでなく、スピードもツバメ級の熱帯魚です。

卵はキノレビアス・ニグリピニスと同じように水底の土の中に産み落とされますが、やや小さい卵を土に押し込むようにしながら産卵し、深く潜ることもありません。

また、デリケートで水の汚れや水質の変化に弱く、飼育下では繁殖もなかなか思うようにいかない熱帯魚です。


熱帯魚を飼うのが初めて!という方のために、熱帯魚飼育をやさしく解説したページがあります!

初心者救出!熱帯魚飼育



120年の飼育経験から生まれた水槽

このサイトはリンクフリーです。

わらべねこ自然画像館(warabeneko.com)に掲載されている、文章、写真、イラスト、動画は、わらべねこ自然画像館の管理人が全ての著作権を有する完全オリジナルであり、著作権者の許諾なく、一部または全部を転載あるいは転用することはできません。
© copyright 2006-2015 SHINJI HONDA OF JAPAN, LIMITED, All rights reserved


動物 > 熱帯魚のフォト水族館 > スワローキリー