クラウンキリーについて

クラウンキリー

クラウンキリーはアフリカの熱帯卵生メダカです。

クラウンキリーの写真

【クラウンキリーについて】

クラウンキリーは西アフリカに広く生息する、わずか4センチ程度の極めて小さな熱帯魚です。

シマシマの大胆な模様とヴァイオレットブルーに輝く目、そして成魚に見られる各ヒレにあしらわれた鮮やかな赤は、一度見たら忘れられない強烈な印象を与えてくれます。赤い尾を炎にみたて、ロケットキリーと呼ばれることもあります。

キリーとはキプリノドン科の魚を指す呼び名で、キプリノドン科にはかつては日本のメダカも含まれていました。そのため今でもキリーフィッシュの仲間はメダカと訳されます。


熱帯魚を飼うのが初めて!という方のために、熱帯魚飼育をやさしく解説したページがあります!

初心者救出!熱帯魚飼育



120年の飼育経験から生まれた水槽

このサイトはリンクフリーです。

わらべねこ自然画像館(warabeneko.com)に掲載されている、文章、写真、イラスト、動画は、わらべねこ自然画像館の管理人が全ての著作権を有する完全オリジナルであり、著作権者の許諾なく、一部または全部を転載あるいは転用することはできません。
© copyright 2006-2015 SHINJI HONDA OF JAPAN, LIMITED, All rights reserved


動物 > 熱帯魚のフォト水族館 > クラウンキリー