珍しい動物の図鑑動物 > 絶滅危惧種 > チビフクロモモンガ

チビフクロモモンガ|絶滅危惧種のお話

=^・.・^= いざ知的探検へ!

地球で共に暮らす素晴らしき仲間達のひみつ - 絶滅危惧種の動物たちに思いをはせて

極小グライダー:チビフクロモモンガ

<チビフクロモモンガ>
体長わずか6センチ、重さ10グラムほどながら、モモンガさながらに滑空する極小飛行獣。英名はピグミーグライダー。まん丸の大きな目をもち、長い尾の先には左右に広がるように毛が生えている。モモンガと名の付く動物には齧歯目リス科のモモンガや有袋目フクロモモンガ科のフクロモモンガなどがいるが、チビフクロモモンガはモモンガでもフクロモモンガでもなく、生きた化石と言われるブーラミスという小動物の仲間である。オーストラリアのユーカリの森林を夜な夜な飛び回り、花の蜜や花粉を食べて暮らす。有袋目ブーラミス科。

ピグミーネズミキツネザル

【操舵室】
動物
絶滅危惧種

【資料室】
ワシントン条約
国際自然保護連合
世界野生生物基金
【休憩室】
メルマガサンプル
プロフィール

【航海図】
動物進化の物語
進化の小部屋
熱帯魚飼育