有櫛動物門|澄江生物化石群

澄江生物化石群の有櫛動物について

HOME化石一覧分類表サイトマップ

有櫛動物門

クラゲと呼ばれる動物は大きく分けて刺胞動物か有櫛動物かに分けられ、有櫛動物はクラゲのうち、カブトクラゲが含まれるグループです。カブトクラゲはクラゲに似ていますが、より進化した動物と考えられています。体表にならぶ繊毛を波のように動かして海中を移動し、プランクトンを補食します。

有櫛動物の体はゼラチン質で出来ていて、周りには傘の骨にも似た繊毛の列を持ち、何となくアンティークなランプカバーのような姿をしています。

澄江生物化石群からは二種類の有櫛動物が確認されています。現生種のような大型の種類はみられませんが、姿形は現在のカブトクラゲとほとんど変わっていません。また、触手はなかったとされています。

澄江生物化石群から見つかる有櫛動物門

Maotianoascus
Sinoascuc



熱帯魚飼育
動物