ヒオリテス門|澄江生物化石群

澄江生物化石群のヒオリテスについて

HOME化石一覧分類表サイトマップ

ヒオリテス門(絶滅)

ヒオリテスは三角形の殻を持つ動物です。頭にはフタが付いていました。体は軟体性だったと考えられていますが、左右に伸びる触角のようなもの以外は化石として残っていないため、その構造はほとんどわかっていません。唯一、殻の内部に残る筋肉のついていた跡だけが手がかりとなっています。

ヒオリテスは世界中から発掘されている古生物で、澄江生物化石群からも数多くのヒオリテスが確認されています。ヒオリテスはカンブリア紀には繁栄していた動物ですが、古生代の終わりと共に全て絶滅してしまいました。

澄江生物化石群から見つかるヒオリテス門

Ambrolinevitus
Burithes
Linevitus



熱帯魚飼育
動物