腕足動物門|澄江生物化石群

澄江生物化石群の腕足動物について

HOME化石一覧分類表サイトマップ

腕足動物門

腕足動物は二枚貝のような殻をもつ細長い動物です。古生代から中生代にかけて大いに繁栄した動物群で、今もシャミセンガイが浅い海の底に潜って暮らしています。

腕足動物の硬い殻は化石に残りやすく、世界中の様々な地域からカンブリア紀以降の地層で数多く発掘されていますが、化石には柔らかい身の部分はほとんど残されていません。

澄江生物化石群からは、こうした腕足動物の軟体部分が鮮明に保存された化石が見つかることがあり、想像するしかなかった腕足動物の本当の姿を教えてくれます。

澄江生物化石群から見つかる腕足動物門

Diandongia
Heliomedusa
Lingulella
Lingulellotreta
Longtancunella



熱帯魚飼育
動物