珍しい動物の図鑑動物 > 絶滅危惧種 > スマトラウサギ

スマトラウサギ|絶滅危惧種のお話

=^・.・^= いざ知的探検へ!

地球で共に暮らす素晴らしき仲間達のひみつ - 絶滅危惧種の動物たちに思いをはせて

幻のうさぎ:スマトラウサギ

<スマトラウサギ>
うっそうとしたジャングルに暮らす、茶と白のシマシマがたいへん美しい野生ウサギ。目の回りは黒く縁取られ、まるで歌舞伎役者のようである。耳は小さい。これだけ印象的な姿をしていながらも、地元の人にすらその存在を知られていないほど極めて数の少ない幻のウサギで、スマトラ島バリサン山脈の高地にある熱帯雨林にのみ生息する。近年では10年間の間に捕獲された数も一頭にすぎず、撮影された例もわずかのようである。夜行性で、木の根本の穴などに住み着く。動きは遅いようであるが、危険が近づくと金切り声を上げたり後ろ足で地面を叩いて仲間に知らせるらしい。体長40センチ、体重1500グラム、スマトラ島の一部に生息。絶滅寸前種。ウサギ目ウサギ科。

チャコペッカリー

【操舵室】
動物
絶滅危惧種

【資料室】
ワシントン条約
国際自然保護連合
世界野生生物基金
【休憩室】
メルマガサンプル
プロフィール

【航海図】
動物進化の物語
進化の小部屋
熱帯魚飼育