珍しい動物の図鑑動物 > 絶滅危惧種 > ナムダファモモンガ

ナムダファモモンガ|絶滅危惧種のお話

=^・.・^= いざ知的探検へ!

地球で共に暮らす素晴らしき仲間達のひみつ - 絶滅危惧種の動物たちに思いをはせて

絶滅寸前の怪盗:ナムダファモモンガ

<ナムダファモモンガ>
モモンガの名前を持ちムササビのように大きいがモモンガでもムササビでもない大型の滑空動物。大きな瞳と丸い頭はモモンガそっくりだが、体は明るい赤茶色で顔にはアイマスクをかけたような黒い模様が入る。顔が隠れるほどの長い尾をクルリと巻いて頭の上に乗せている様子は、あたかも帽子をかぶっているかのようである。1981年に1頭だけ捕獲され、その後、2002年に数件の目撃例がある程度で、生息数さえ把握できていない状況ながら、ほとんど保護がされていないため極めて絶滅に近い。体長40センチ、体重推定1キロ、インド北東部に生息。絶滅寸前種。齧歯目リス科。

ヒメアルマジロ

【操舵室】
動物
絶滅危惧種

【資料室】
ワシントン条約
国際自然保護連合
世界野生生物基金
【休憩室】
メルマガサンプル
プロフィール

【航海図】
動物進化の物語
進化の小部屋
熱帯魚飼育