熱帯魚について

熱帯魚

熱帯魚のダイジェスト版サイト

熱帯魚のエサ < 熱帯魚を飼うために


熱帯魚のエサ

熱帯魚にとって快適な環境は、どこからともなく飼育水槽の中にやってきては勝手に住みつき、飼育水をきれいにしてくれる濾過バクテリアの働きによって保たれています。

ですが、その濾過バクテリアがたくさん殖えるには飼育水槽をセットしてから数週間から数ヶ月かかります。その間は絶対にエサをあげすぎないようにしてください。

ついつい食べるだけあげてしまいがちですが、熱帯魚の健康のためにはしばらくは足りないぐらいにしておきます。間違ってもエサが残るほど与えてしまうことのないように注意しましょう。

意外に軽視しがちですが、熱帯魚の飼育が成功するか失敗するかは、実はエサやりがもっとも大きな鍵を握っています。

熱帯魚を飼育する上で、一番重要で、気をつけなければならないことはエサやりなのです。

次のトピックへ → 「熱帯魚の管理

元の記事へ → 「熱帯魚飼育


熱帯魚の飼育を始めてみた方のために

熱帯魚


120年の飼育経験から生まれた水槽

このサイトはリンクフリーです。

わらべねこ自然画像館(warabeneko.com)に掲載されている、文章、写真、イラスト、動画は、わらべねこ自然画像館の管理人が全ての著作権を有する完全オリジナルであり、著作権者の許諾なく、一部または全部を転載あるいは転用することはできません。
© copyright 2005-2015 SHINJI HONDA OF JAPAN, LIMITED, All rights reserved


動物 > ひたすらペット > 熱帯魚飼育 > 熱帯魚を飼うために > 熱帯魚のエサ