熱帯魚について

熱帯魚

熱帯魚のダイジェスト版サイト

熱帯魚の種類 < 熱帯魚を飼うために


初心者向きの熱帯魚

■ネオンテトラ
ネオンテトラ
丈夫で飼いやすく、安価で最も手に入りやすい熱帯魚ですが、とてつもなく美しい魚です。良い餌を与え、落ち着いた環境でじっくり育て、背後からの光を遮断して前方斜め上からのみ光を当てると、熱帯魚ショップで見たときよりも、はるかに美しい姿をみせてくれます。その美しさたるや気絶しそうになるほどです。

■ベタ
ベタ
ビロードのような質感の大きなヒレとメタリカルなブルーや極上の赤で彩られた色彩はゴージャスで、たとえ一匹であってもその存在感はネオンテトラの群泳に勝るとも劣りません。泳ぎもゆったりと落ち着いていて、見ているだけで贅沢な気分になります。初心者から経験の長い人にまで、世界中の多くの人々に古くから愛され続けていることがベタの大きな魅力を証明しています。コップでも飼える丈夫な魚ですが、ベタの本当の魅力を楽しむには十分に泳げる大きさの飼育水槽にいれてあげましょう。

■グッピー、プラティ
慣れやすく、陽気に泳ぎ回り、安価で丈夫、可愛くて美しく、小さな水槽でも飼育できます。餌もなんでも喜んで食べてくれますし、しかも、魚でありながら卵ではなく稚魚が産まれてくるという不思議な生態を簡単に目の当たりにすることができるのです。まさにキング オブ ペットフィッシュと呼べるような、本当に素晴らしい熱帯魚たちです。ほどよい流れと新しい飼育水を好みます。

■アカヒレ
熱帯魚ではありませんが熱帯魚として売られています。入手のしやすさと丈夫さ、そしてその秘めたる魅力は、初心者でも観賞魚飼育の楽しさを存分に体験できる素晴らしい魚です。透明感のある落ち着いた美しさを持った小型魚で、アカヒレならではの絶妙な色づかいがその魅力を奥深いものにしています。特に数多くの飼育経験を持つベテランアクアリストは、得てしてこういう魚に辿り着くことが多いものです。低温に強く、室内であれば冬でも常温で飼育できます。良いエサで大切に育てると、とても優しい色合いの繊細な姿へと成長してくれます。

初心者に不向きな熱帯魚

■草食性の魚
水草を食べてしまいます。
・メチニス、シルバーバルプ、ロイヤルプレコなど。

■スケールイーター
他の魚のウロコを食べてしまいます。
・ウィンプルピラニアなど。

■汽水魚
飼育には薄い海水が必要です。
・ドラゴンフィッシュ、ヨツメウオなど。

■偏食家
人工飼料に慣れにくい魚は餌を維持するのが大変です。
・リーフフィッシュ、クロコダイルフィッシュなど。

■極端にデリケートな魚
完璧な待遇を要求されます。
・卵生メダカ、卵胎生メダカ(グッピーやプラティをのぞく)、ワイルドベタなど。

■同居魚を襲う
緊迫した空気がたちこめる水槽になります。
・ナマズ類など。

飼育に不向きな熱帯魚

■極端に大きくなる魚
飼育者より大きくなります。餌もいっぱい必要です。
・ピラルク、大型ナマズ、チョウザメなど。

■国際保護動物
証明書がないと、見つかった時に、ひどい罰を受けます。
・オーストラリア肺魚、イカンテレモク、メコンオオナマズなど。

■極めて強い毒針を持つ魚
本気でシャレになりません。万一エイなどに刺されたら迷わず救急車を!
・淡水エイ、ライオンフィッシュ、淡水カサゴなど。

■鋭いナイフのようなトゲやエラを持つ魚
一瞬でやられます。触れただけで、切れます。
・ボティアの仲間、シーパーチなど。

■歯が強力で噛まれると危険な魚
ピラニア以外の魚でも現地ではとりかえしのつかない重傷を負った人もいます。
・ピラニア、肺魚、アミア、淡水エイ、スネークヘッドなど。

■電撃を出す魚
<!警告>この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、
人が死亡または重傷を負う可能性が想定される熱帯魚を示しています。
・電気ウナギ、電気ナマズ

次のトピックへ → 「熱帯魚の注意事項

元の記事へ → 「熱帯魚飼育


熱帯魚の飼育を始めてみた方のために

熱帯魚


120年の飼育経験から生まれた水槽

このサイトはリンクフリーです。

わらべねこ自然画像館(warabeneko.com)に掲載されている、文章、写真、イラスト、動画は、わらべねこ自然画像館の管理人が全ての著作権を有する完全オリジナルであり、著作権者の許諾なく、一部または全部を転載あるいは転用することはできません。
© copyright 2005-2015 SHINJI HONDA OF JAPAN, LIMITED, All rights reserved


動物 > ひたすらペット > 熱帯魚飼育 > 熱帯魚を飼うために > 熱帯魚の種類